glf0003-009.jpg
ゴルフ練習場では立ち位置が決まっているので方向性を気にしないと思いますがゴルフ場では自分で方向(スタンス)を決めなければいけません。




ゴルフでもボーリングと同じようにラウンド時は、打つべき方向(ターゲット)に対してボールから50センチや1メートル離れたところに目印(スパット)を見つけ、それを利用してアドレスを取ります。




目印(スパット)には枯れ葉、色が変わっている芝など色々なものが利用されます。




しかし、これだけではきちんと方向を向けていないことに気がつきました。確かにこれはとても良い方法ですが、ボールの前に1つのスパットではあまりに頼りないのです。




自宅でもいいでしょう。試しにボールを置いて同じようにスパットを決め慎重にアドレスを取ってみてください。



アドレスを取ったら、つま先にクラブを置いて(アドレス時、左足だけを開く人はかかと側に)ボールとスパットの結ぶ線にもクラブを置いてみるともっとよく理解できると思います。



意外とズレている(私の場合は右を見ています)ことが多いです。ゴルフは正面ではなく横にボールを飛ばすため、そこに錯覚が生じることになるようです。


自分としては真っ直ぐにアドレスしているつもりでも、ビックリするほど別の方向を向いているのです。自宅でこれだけの誤差が出るのであれば、平坦な場所はほとんど無いゴルフ場ではまともにスクエアに構えることは至難の業です。



だって・・・いつの間にか地面で立ちやすいところで構えていますもん。



立ちやすさは抜きにして、面倒でもボールの後方にもスパットを見つけるべきです。前・ボール・後ろの3点で構えることでスクエアに構えやすくなります。



そして極めつけは右足から方向性を合わせセットし、左足を構える。このルーティーンを守れば5打は違ってくると思います。無意識にできるようになるまで辛抱です。



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

 タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加