バンカー
通常の構えをします。このときに距離のことなどは考えずになんとなく普段どおりのバンカーショットの構えをします。



ここから実際に距離調節の方法をお伝えいたします。



まず基準の構えから自然に振った場合よりも短い距離にしたい場合、ボール位置が普段より左足寄りになるようにスタンスを調節します。




そしてフェースは普段よりも少し開くようにしてください。さらには振り幅とスイングスピードはいつもと一緒です。ここが重要です。これだけでいつもより短い距離を打つことができます。




逆に長い距離を打ちたいときは、普段よりもフェースを少しシャット(閉じて)に構えれば準備は完了!あとはいつもどおりの振り幅、スイングスピードで振るだけです。ボール位置・フェース開閉度合いと距離の関係をつかむまではある程度練習が必要です。




おすすめの教材★ゴルフアプローチ上達革命




明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)


★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加