78888_360240.jpg
私は、バンカーは苦手ではないです。入っても『あら、入ってしまった』と思うぐらいです。しかし、一般的にはバンカーを苦手とするアマチュアゴルファーは少なくありません。




実際に練習できる環境はコース以外には少なく、練習する機会が少ないです。そんな初心者ゴルファーの方にバンカーショットのコツをお伝えしたいと思います。(アプローチ・パターではありませんが)




バンカーショットは、まずボールがどういう状況かをしっかりと把握する必要があります。




それは芝から打つショットと違い、打つ前に地面に触れる素振りができないからです。砂の粒の大きさ、砂の量、ボールの埋まり具合、傾斜、ピンの位置など、これらの情報を認識しないと、うまく打てたとしても良い結果は得られないでしょう。




たとえ毎回同じスイングができたとしても、状況に適した判断ができなければ、結果がミスにつながります。




しかしながら初心者の方が、そこまで考えることは不可能に近いのでマルチに対応できるやり方だけをお伝えしたいと思います。




それは、アドレスをハンドファーストではなく『ハンドレート』に構えるのです。これを意識するだけでも50%以上確率が向上します。ハンドファーストに構えると「打ち込む意識」が強すぎてしまいミスの原因になる可能性が高いのです。ぜひ試してみてください。

16a62d369f0a886c01bb2472d093aad2.jpg

また、練習に関しては、練習場のラバーティを利用すれば可能です。ティをやや低めにセットし、ややフェースを開いた状態でボールを打ちます。その際、ボールが飛ばないダルマ落とし状態や、トップはNGです。




正しく打てると軽くティにヘッドが触れて、柔らかい球が出ます。ただし地面のマットにはヘッドが触れないように注意してください。これができるようになれば、大抵のバンカーからは脱出できます。





バンカーショット 裏ワザ

バンカーショットをうまく打つためにSWのシャフト(バランス)だけ重くするという作戦があります。わたしも実際にSWだけダイナミックゴールド(重いシャフト)にしていました。メリットとしては砂に対しての爆発力UPとアーリーリリースです。




アーリーリリースは、通常のショットではダフリ等の原因になるためタブーな打ち方ですが、あえてバンカーショットだけダフリを発生させるという荒技?裏ワザです。




何をやっても、どうしてもうまく行かない時は、ぜひ試してみてください。意外と効果あります。




明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加