imge4.jpg
ゴルフでのメンタルを強化するには、ヘタな自分と向き合い自分のプレーを振り返る習慣を毎回つけていく必要があります。




なぜなら、振り返る機会がなければ悪い習慣や癖をそのまま繰り返してしまうからです。仕事をしているとよくPDCAと良く言われますが、ゴルフの上達にも欠かせない考えです。



(PDCAとは、Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善))


悪い習慣は、振り返る機会を持たなければ、自分で気づくことができませんので、注意しましょう。




・理想のプレーができた時は、どんなことを考えていたのか?どんな構えをしていたのか?どんなリズムで打ったのか?





・悪いプレーが出た時には、どんな精神状態だったのか?どんな構えをしていたのか?どんなリズムで打ったのか?




これらを思い出して、そこから自分のスイングやプレー内容の『傾向と対策』を考えてみましょうね。




毎回記録を取ることで、うまく言った時の多くの共通項目があります。逆に、悪かった時でも多くの共通項目があります。





それらの記録を元にして、自分のプレーを修正していけば、無駄なくプレーが向上するでしょう。





メンタルトレーニングは、自分日頃の行動や思考を記録して、その分析までを行うことで効果が見られるようになるのですね。




調子が悪い日は、早く忘れてしまいたいと思うのです、散々な結果の場合でも振り返って反省することをおすすめします。振り返って見れば、マイナス思考のままでプレーをしていたとか、怒りながらプレーをしていたなどの精神的な乱れの原因が見えてきます。





プレーの傾向を記録して、分析まですれば精神的なスランプを事前に防止することも可能となります。プレーで、なぜかうまくいかないことばかりが続いている場合には、まずは、スランプかどうかを疑いましょう。




スランプに陥ると、練習すらも行う気力がなくなってしまいますので、早めに解決するに越したことはありませんよ。




今まで、メンタルトレーニングを行っていなかったのであれば、記録することからはじめてみましょう。記録から得られる自分の客観的なプレースタイル像は、今の理想としているプレースタイルと同じでしょうか?




間違いを修正すれば、一段上のプレーができるようになります。




オススメは、プレー後にその日のプレーを振り返り、良いプレーをした時の細かな状態を記録して、悪いプレーが出た時には、それに加えて、精神的な変化も記録しておきましょう。



明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

 カテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加