im20151029age.jpg
ゴルフのパターで方向性が悪い人におすすめの握り方があるのでご紹介します。正統派ではなく少し裏ワザぽいところもありますが私も実践し『効果あり』と考えております。ぜひ参考にしてください。





もっとも一般的な逆オーバーラッピング・グリップでは、右手の人指し指を通常のショットと同じく、ピストルの引き金を引くような形でクラブにひっかけている方が多いと思います。





しかし、プロゴルファーの中でも、右手の人指し指を伸ばす握り方もあります。こうすると、手とパターの一体感がより強くなり、パターヘッドを思った方向に出しやすくなるのです。





右手の人指し指は真っ直ぐに伸ばして、パターグリップの右側面にぴたりと当てるようにします。また、指先だけはグリップのやや下側にあてるのもいいと思います。




右利きのゴルファーの場合、パッティングのタッチは右手で出す人が多いと思いますが、人指し指を伸ばすと、右手の感覚がより鋭くなり、方向性の精度も高まるというわけです。




私も実践し、良い結果が出ています。指との接点がクラブにできることで本当に感覚が鋭くなります。パターの方向性だけでなく距離感にも良い影響を与えます。




明日のラウンドに役に立つ100を切るためのノウハウ集(カテゴリをクリックすれば関連する記事がまとまります!)



★ゴルフブログランキングに参加中です。よろしければ、応援クリックお願いします!★

にほんブログ村
ブログパーツ
関連記事

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加